塾に行っても成績が上がらない中学生がやるべきことは7つだけ。断言します

塾に通っているのに点数が伸びませんか?

それなら、これから紹介する7つのステップを実行してみてください。

塾に行っているのに成績が伸びないと、

  • このままじゃ塾に通わせている意味ないんじゃないのか…
  • どうして点数が変わらないのか知りたい…
  • 塾を変えた方がいいのかなぁ…

といった声が心の中で繰り返し聞こえてきますよね?

でも、安易に塾を変えようとするのはオススメしません。だって、まだ塾が伸び悩みの原因であるとは限らないから。他に要因があるかもしれません。

まずは焦らず深呼吸。

そして、頭をクールにしてから、次の7つのステップを実行してみてください。お子さんの勉強によってストレスを感じるのはもうこりごりですよね?この7ステップを実行してモヤモヤを解消してください。

 

ステップ1:成績が伸び悩む3つの要因を知る

赤ちゃんが急に泣き出したら、あなたは何をしますか?

お腹が空いたのか、眠いのか、どこか痛いのか。まずは原因を探りますよね?勉強も同じです。まずは成績が伸び悩む原因を突き止めてください。要因は大きく3つあります。

基礎学力が足りない
勉強の仕方が悪い
勉強量が足りない

この3つがかけ算になって、成績は決まるんですね。

成績はこうして決まる
成績=基礎学力×勉強の仕方×勉強量

伸び悩んでしまうのは、この3つのいずれかがウィークポイントになっているから。だからまずはこの3つをよく理解してください。次の記事が、原因を突き止めるための手助けをしてくれるはずです。

これさえ分かれば大丈夫!点数が伸びない3つの原因とは?

 

ステップ2:お子さんのウィークポイントを判断する

塾に行っているのに成績が上がらない3つの原因はもう分かりましたか?

では、あなたのお子さんのウィークポイントはどこなのか見極めてください。基礎学力不足ですか?勉強の仕方が悪いからですか?そもそも勉強量が足りていないからでしょうか?

はっきり言うと、ほとんどの方は「どれにも課題がある」という状態です。完璧な人なんていません。(僕も含めて)腹筋が割れている人はほとんどいませんし、(僕も含めて)毎日ランニングできない人の方が圧倒的に多いはずです。

でも、この中でもあなたのお子さんにとって、もっとも優先順位の高いものがあるはず。まずはそれを見つけましょう。どの要因が足りていないのかを判断するには、次の4つのアクションを実行してください。

2-1基礎学力不足かどうかを判断する方法

すごくシンプルな話で、基礎が無いと点数は取れませんよね?特に英語と数学はそうです。目の前のテストで点数を取ろうと思えば、これまでの基礎がしっかり身についていなければなりません。

だからまずはあなたのお子さんが、目の前の敵を倒せるだけの力がついているのかをチェックしてください。キャッチボールができないのに試合に出て活躍なんてできっこありません。

基礎学力が不足していないかどうかをチェックする方法は3つあります。

  1. 半年前の定期テストをもう一度解いてみる
  2. 復習用の問題集を解いてみる
  3. 過去の定期テストの点数をチェックする
定期テストで点数が取れない!そんなとき基礎学力が足りているかどうかをチェックする方法

 

2-2勉強の仕方が悪いかどうかを判断する方法

ダルビッシュ投手が以前Twitterでこんなことを言っていました。

練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ

ただがむしゃらに努力しても、努力の仕方が間違っていたら伸び悩んでしまいます。勉強においてもやはり同じで、正しい勉強の仕方を身につけずに努力しても空回りするだけです。根性論でがむしゃらに勉強するのはもうやめなければなりません。

勉強の仕方が悪いかどうかをチェックする方法はいくつかありますが、真っ先にやってほしいことは1つです。お子さんが「勉強した」とドヤ顔をしている時に、本当に「自分一人でできる」ようになっているかどうかをチェックしてください。

チェックの方法は簡単です。まず4ページ、問題集を使って勉強してもらってください。お子さんが「勉強した!」と宣言したタイミングで「じゃあこのページを何も見ず解いてみて」とテストをしてもらいます。テストは1ページだけで構いません。ちなみに、最初に4ページ解いてもらうのは、どこをテストするのか絞らせないためです。

もしそのページで満点取れなかったら、それは勉強の仕方が致命的に悪いと判断できます。だって「できる」状態になってないのに「勉強した」と言っているわけですから、それでは伸びるはずもありません。細かい話をすればもっと色々チェック項目はありますが、まずはこの「できるの基準」のチェックからオススメします。

さらに、もう少し詳しく勉強の仕方の問題点を見つけたい方は、次のワークに取り組んでみてください。
その勉強の仕方で大丈夫?あなたのお子さんの勉強効率をチェックする10の質問

 

2-3勉強量が不足しているかどうかを判断する方法

これもいくつか方法がありますが、まず最優先でチェックしてほしいのは、塾から出された宿題を全部適切にこなせているかどうかです。塾というのは時間の制約があるので、宿題も込みで点数を伸ばすカリキュラムになっています。誤解を恐れずに言うと、授業だけでは伸びないのです。

授業で理解したことを、しっかりと復習して自分のものにしなければ点数は伸びません。だから家でも最低限の勉強量を確保しないと塾に通う意味がありません。その一つの目安としてまずは宿題をきちんとできているかをチェックしてください。

本当のことを言うと、宿題をやるだけじゃダメなんですが、それは後からもう一度詳しく解説します。ここではシンプルに宿題の出来具合をチェックです。

 

2-4伸びない要因は塾の先生に直接聞けばいい

「なぜうちの子は伸びないんですか?」と直球質問をするのもアリです。

僕は以前塾長をしていたのですが、こうしてストレートに聞かれることはほとんどありませんでした。でも、本当は聞いて欲しかったんですね。

親御さんに協力してもらえるところは協力してほしかったからです。その方がお子さんのためになると思いませんか?

暗にプレッシャーをかけてくる親御さんも中にはいましたが、そういうスタンスは絶対ダメです。正直言って僕もそうでしたが、理解しようという姿勢がない方には本当のことを話せませんでした。親御さんとの信頼関係が崩れると、家で悪口を言われるので僕のアドバイスがお子さんに響かなくなります。お子さんへのサポートに大きく影響するので、これでは誰のためにもなりません。

僕は今塾の現場を離れているのでフラットな立場から断言します。成績が伸びない原因は塾だけにあるわけではありません。そもそも塾では解決できない要因もあるのです。

「こっちはお金払ってるんだから成績を上げるのが塾だろ」と思うのは自然なことですが、それを行動や態度に出すのはパワハラ上司と一緒です。車の営業マンをしている僕の友人はある時、車がちょっと売れなかっただけで上司から虫眼鏡が折れるぐらい頭を殴られたそうです。信じられない話ですが実話です。

ちょっと結果が出なかったからといってパワハラしたところで何も変わりません。かわりにすべきなのは協力ではないでしょうか?その方がよっぽど生産的でお子さんのためになると僕は思います。お子さんを伸ばしたい気持ちは一緒なのですから。感情は一旦横に置いといて、冷静に頭を使って生産的な話をすべきです。

だから、僕は聞いて欲しかったんです、「うちの子が伸びない要因は何ですか?」って。もっと言うなら「伸び悩みの原因は塾だけにあるとは思っていなくて、だからこそ協力できるところは協力したいと思っています。先生から見て、伸びない要因はどこにあるという見立てですか?」って聞いてみてください。協力するスタンスを見せて塾の先生に聞けば、きっと塾の先生も答えてくれます。

それでまともな答えが返ってこないなら、自己保身なのか、利益至上主義なのか、元々お子さんのことを何にも考えてくれていないかのいずれかです。

 

ステップ3:通っている塾が何を解決してくれるのかを知る

まだ焦らないでください。伸び悩む原因を突き止めたら、今すぐ解決策を実行したくなると思いますが、その前にもう一つだけやることがあります。

塾を知ることです。

もし今通っている塾が、あなたのお子さんが抱える課題を解決できないとしたら、それこそ通っている意味がありませんよね?

お金も時間もムダにして、手に入れるのはストレスだけなんて馬鹿げたことにならないように、深く塾を知ってください。

 

3-1塾って何を解決してくれるところなの?

まず、塾が何を解決してくれるところなのかを知っておいてください。

一般的に「塾」と言っても、対象学年、受験カリキュラム、教材、集団or個別指導、個別なら1:1or1:2など、提供サービスもタイプも様々です。

スーパーと一口に言っても「業務スーパー」や「スーパー玉出」のように激安を売りにしているところもあれば、「成城石井」や「いかりスーパー」のようにハイブランドを売りにしているところもあります。

もしあなたが「甲州産完熟100%ぶどうジュース」と「糖質50%オフ ロカボビスケットアソート」を買おうと思ったら、きっと成城石井に行きますよね?関西ならいかりスーパーとか。間違ってもスーパー玉出にはいかないはず。

塾だって同じなわけです。何を提供してくれる塾なのか?を知っておかないといけません。といっても、大体のカリキュラムとか特徴は通っている間にもう分かってきてますよね?

でも、ここでやってほしいのは、もう一歩深く観察することです。

もう一度、伸び悩む3つの要因を思い出しながら聞いてください。

  • その塾は基礎学力不足を解決してくれるのか?
  • その塾は勉強の仕方が悪いのを修正してくれるのか?
  • その塾は勉強量不足を補ってくれるのか?

「3つの要素の何を解決してくれるところなのか?」を突き止めてください。例えば「自習室」があるなら勉強量不足を補うための設備が整っていますよね。カリキュラムに基礎の復習が含まれていれば、それは基礎学力不足の解消につながります。これをまず見極めてください。

 

3-2塾のクオリティチェックの方法

ひとつ質問させてください。

あなたの職場は理想としている社是や基本方針を忠実に再現できていますか?

きっと答えはNoなはずです。でも、これはあなたの職場に限らず、どんな学校、家庭、塾の現場においても同じです。100%理想を実現した状態などありえません。もちろん僕の提供サービスだって当てはまってしまうでしょう。

でも、理想と現実をマッチさせる努力を怠ってはいけませんし、なるべくなら理想を実現できている状態の方が良いですよね?ホームページやCMでは綺麗な言葉が並んでいても、現実がかけ離れていては、お子さんの課題は解決されません。

今通っている塾のクオリティチェックは欠かないのです。「ねぇ、先生。それホントにできてるの?」という疑問を、自分でチェックするためのポイントをいくつか挙げておきます。

  • 自習室は静かですか?
  • 先生の事務手続きミス、連絡ミスはありませんか?
  • 教室は清潔で整理整頓ができていますか?
  • 入会時に説明を受けたのに、実際は提供されないサービスはありませんか?
  • スタッフが忙しそうにしていませんか?

 

ステップ4:通っている塾でお子さんの課題が解決できるか判断する

塾について理解を深めたら、今通っている塾が、あなたのお子さんの課題を解決できるかどうかを判断してください。子どもが「夢は甲子園」と言っているのに、サッカー教室に通わせる人はいませんよね?

課題と解決策がズレていると悲劇しか起こりません。だって「やっても伸びない」という間違った思い込みをもたせてしまいかねませんよね。でも、お子さんの人生の初期において、そんな思い込みは絶対に持たせちゃダメだと思うんです。

ステップ1〜3で手に入れた知識を総動員して、今の塾があなたのお子さんの解決策になっているかどうかをよく見極めてください。

 

もし、今の塾でお子さんの課題が解決できないなら…

今すぐ塾を変えるべき…と思うかもしれませんが、あぶないあぶない。焦って大事な視点が抜け落ちています。もう一度広い視点から考えてみてください。そうです、ステップ3でお話したように、そもそも「勉強困ったなぁ。じゃあ塾で全部解決できる!」という安易な思い込みを捨てなければなりません。

もう一度フラットな目線で解決策を探してください。この記事の下の、ステップ5〜7では、お子さんの課題を解決する方法を解決しています。今の塾は合ってないなぁ…とジャッジした方は、次のブロックは読み飛ばして、下までスクロールしてください。

一方、「どうやら今の塾でもうちの子の課題は解決できそうだな」とジャッジした方は、こんな疑問が湧いてくるはずです。

 

塾は合ってるのに、なんでうちの子は伸びないの?

そう思うのは自然なことです。でも実際、そんな簡単な話ではありません。

僕らが成長するのには「時間」がかかります。ゲームって楽ですよね?すぐにレベルアップします。昨日ボコボコにやられた敵でも、今日になれば簡単に倒せるようになっていたりします。でも、現実世界ではそんなに簡単に主人公は成長しません。成長するのにはある程度自分の「時間」を投資しなければならないからです。

お通いの塾がお子さんの課題を解決できる条件が整っているのに、伸び悩んでいるとすれば、カベになっているのは間違いなく時間です。結果が出るまで「時間の問題」ですが、もっとも困難を感じるのもこのタイミングです。なんせ伸び悩みですから、しんどいに決まっています。

このフェーズを乗り越えるためにやるべきことが2つあります。

  1. タイムラグ乗り越えられるように励ましのシャワーを浴びせる
  2. 家庭での学習時間を増やす環境づくりをする

 

ステップ5:基礎学力が足りていない場合の対処法を実行する

ステップ4までは「課題の特定」を進めてきました。いよいよここから解決策を実行するステップです。

もし基礎学力に課題があるとジャッジしたのなら、やるべきことはシンプルです。キャッチボールもできないのに試合で活躍できるはずがありません。基礎がないのなら基礎からやりなおしましょう。

といっても、安易に塾という解決策を選ばないことも重要です。解決策は塾だけではないので、広い視野を持って、お子さんの課題を解決するための方法を実行してください。

基礎学力が不足していると感じたのなら、3つのアクションを実行してみてください。

  1. 基礎学力が足りていない範囲を特定する
  2. その範囲を「分かる」状態にもっていく
  3. 分かったら「できる」状態にもっていく

まずはどこが「できない」ところなのかを見つけてください。もし家が雨漏りしたら、雨漏りしている箇所を見つけますよね?

これは2-1で紹介した方法の応用編です。より詳しく単元ごとに「できる」と「できない」を選別します。問題集を解いたり、過去のテストを解き直したりして苦手としている範囲を発見してください。

発見できたら、次はひとつずつ理解を固めましょう。「なぜそうなるのか分かる」状態まで持っていきます。ここが一番の難関かもしれません。自分一人で理解するのはなかなか骨が折れるので、先生や友だちなどに聞いて分かる状態にもっていきます。

ここまで来たらあとは「自分一人でできる」状態を作りましょう。できる状態については次のステップ6で詳しく紹介します。

 

ステップ6:勉強の仕方が悪い場合の対処法を実行する

なぜなかなか覚えられないのか、知っていますか?
頭が悪いからでは決してありません。頭の使い方を知らないからです。勉強は脳でするものなので、脳の仕組みに基づいたやり方になっていないと頑張っても頭に入らないんですね。

下りのエスカレーターを逆走したところで、なかなか上の階に着きません。勉強の場合、脳の仕組みに沿ったやり方で勉強すれば、それは上りエスカレーターに乗っているようなものです。上りのエスカレーターに乗るための知識を手に入れてください。

 

6-1強い記憶を作る大原則を知ろう

このレクチャーでは「強い記憶を作るための大原則」を説明します。

今はたったひとつのポイントだけ知っておいてください。普通にやっているだけなのに伸びる人は、無意識のうちにこのポイントを守っています。伸びない人はこのポイントが守れていません。
あなたが意識的にこのポイントを使えるようになれば勉強は一気に楽になります。

では「強い記憶を作るためのたった一つのポイント」とは何でしょうか?

それは「アウトプット」です。アウトプットの反対ことばは「インプット」です。インプットとは読んだり、聞いたりして、頭の中に入れること。その反対がアウトプットなので、書いたり、話したりして、頭に入っている知識を思い出すことがアウトプットになります。

スラスラ頭に入れたいのなら、入れるというイメージを捨ててください。逆です、出してください。頭に入れるという表現がそもそも間違っているんです。読んだり聞いたりするよりも、頭の中ある知識を引っぱり出す練習をするのです。手っ取り早い方法は自分でテストをすることです。テストをすれば思い出す練習になるからですね。

あなたのお子さんは「アウトプット」を意識しながら勉強できていますか?

 

6-2自分にOKを出す基準を知ろう

ステップ2-2で「できるの基準」をチェックしてもらいましたが、ここではもう少し具体的に見ていきましょう。

点数アップにつなげたければ、この基準を手に入れることがもっとも近道です。これだけやったらOK、つまり「勉強したと言える」っていう基準です。頑張っても伸びない人は、勉強するときこのOKの基準を満たしていないのに、自分にOKを出してしまうから「勉強したのに忘れちゃった…」という問題が起こります。それは中途半端に勉強したつもりになってるだけで、勉強になってないんです。

では、OKの基準って何でしょうか?

勉強で自分にOKを出す基準は3つです。

  1. 正しい答えが出せる
  2. 自分ひとりで解ける
  3. スムーズに答えを出せる

この3つです。この3つを守って勉強できるようになれば、必ず点数は伸びてきます。

 

ステップ7:勉強量が足りていない場合の対処法を実行する

やらないといけないと頭では分かっているのに…。今日もまたソファが背中を離してくれなかった…。スマホもなぜか手にくっついたままだった…。

このステップではついダラダラしちゃう問題を解決しましょう。

家での勉強量を増やしてやればやるほど伸びる自分になるには、この「ついダラダラしちゃう問題」を解決するのが一番の近道です。

 

7-1なぜ自分は勉強するのか明確にしよう

あなたはやる意味を感じていないことに対して頑張れますか?

もしも筋トレしても一切筋肉がつかないなら、あなたはやる意味を感じますか?じゃじゃぶりの雨の中、お花に水上げてきてって言われて、やる気でますか?人間は「それ意味ねーじゃん」って思っていることに対して、やる気が出ません。

勉強も同じです。勉強を頑張る意味が見付かってないとやる気なんて出てくるはずがありません。やる気が出なければ当然、勉強に身が入りませんよね。だからまず最初にすべきなのは「自分が勉強する意味を見つけること」なんです。

あなたのお子さんがやるべきことはたった一つ。こんな質問をしてください。

「なぜ私は勉強を頑張るの?」

まずはこの答えをあなたのお子さんが自分自身で明確にしなければ、無理やり勉強量を増やそうとしても、きっとこの先どこかで心が折れてしまいます。まずはこの質問の答えを明確にしてください。

 

7-2やる気を操るための戦略を知ろう

あなたのお子さんは「やる気と集中力」を自由自在にコントロールできますか?

ほとんどの方はNoだと思いますし、もちろん僕もNoです。でも、ある工夫をすることによって、完全にやる気と集中力をコントロールすることはできなくても、今よりも上手にやる気や集中力と付き合うことができます。

ある工夫とは「人間の本能に根付いた戦略を立てること」です。ついダラダラしてしまう自分を変えるためには、本能を支配しなければなりません。ダラダラしたいのは本能から来ています。

あなたは動物園の飼育員になると思ってください。自分の中にある本能という猛獣を飼い慣らすのです。一旦猛獣が暴れ出したら飼育員の力では止められません。飼育員が力ずくで暴れるトラを押さえ込むなんてできるはずがありません。

じゃあどうすればいいのでしょうか?力づくではなく、頭を使って本能を飼い慣らすのです。そのカギになるのは環境とルールづくりにあります。事前に環境とルールを作ることで猛獣が暴れるのを未然に防ぐことができます。

 

7-3やる気を操るための環境を作ろう

一つ前のレクチャーで、やる気と集中力を自分で操るには、事前準備が大事だというお話をしました。暴れるトラを力づくで押さえるのではなく、暴れるのを未然に防ぐのが大事なんでしたね。

ここでは本能と戦うための環境をつくっていきましょう。では、どんな環境を作ればいいのしょうか?

シンプルです。勉強以外のものを目の前から隠せば良いのです。

もしあなたの目の前にブロッコリーとチョコレートが置かれていたとしたら、どっちを食べますか?ブロッコリーを選ぶ人はほとんどいないはずです。チョコレートを目の前に置いた時点で負けなのです。これが戦略です。

これには主に3つのポイントがあります。

  1. 勉強以外のものを見えなくする
  2. 勉強以外のものを面倒くさくする
  3. 勉強に取りかかりやすく環境を作る

 

7-4やる気を操るためのルールを作ろう

一つ前のレクチャーで環境づくりに取り組みました。ここではルールづくりに取りかかってください。

これもやはり基本的な考え方は「環境づくり」と一緒です。勉強よりも優先順位が高いものを隠して、勉強の優先順位をあげるようなルールをつくる。そうすると、スムーズに勉強に取り組めるようになります。

ルールを作るときにはいくつかのコツがあります。

  1. if-then形式であること
  2. できるだけ具体的にすること
  3. ハードルを上げすぎないこと

の3つです。この3つのコツを守ってルール作りに取り組んでみてください。

 

さらに、実際にルールをつくるときは、次の3つのルール作りから始めることをオススメします。

  1. スマホ・タブレットのルール
  2. テレビ・ゲームのルール
  3. 勉強開始時刻のルール